必ず知るべき!医薬品をネット販売する時の注意点

ネットで医薬品を販売する時の注意点

ネット販売のルールを知ろう

2014年頃には、ネットにて一般医薬品販売が解禁されました。今まで薬のネット販売は何度も検討されてきましたが、ようやく安全性が認められるようになったのです。
そのためインターネットにてビジネスチャンスが広がったと思いますが、規制やルールなどを正しく理解しないといけません。これらをきちんと理解していないと、もし人の体に異常が起こっては取り返しがつきません。
そのような事故を防ぐため、今回の記事はネット販売が可能な「医薬品の種類」について解説したいと思います。
主に私たちが使う医薬品には、「一般用医薬品」と「医療用医薬品」の2つがあります。それぞれ見ていきましょう。

「一般医薬品」
薬局などでよく売られている薬。「市販薬」とも呼ばれています。年齢も体質も違う人たちが使えるように、効き目を調整したりして、より安全につくられているのが特徴です。
ただし販売するには薬剤師(国家資格)か登録販売者(都道府県試験)を持っていないといけません。
「医療用医薬品」
処方箋(しょほうせん)。主にお医者さんが患者さんの体質や症状など診て、それに合わせて薬剤師が薬を調剤するのが特徴です。
さらにこの医薬品は強い効き目があるのと同時に副作用が出ることもあるので、薬剤師と適切な設備を備えた薬局ではないと売ることができません。責任者が管理している中での販売になるため、ネットでの販売ももちろんできません。


そのほかにも、ネット販売のルールだったり、医薬品を買う際の注意点もまとめていますので、是非参考にしてみてください。

おすすめリンク

カマグラの安全性は?

カマグラの安全性は大丈夫?輸入薬はニセモノや粗悪品も多いのが現状。危険性もあるので要注意!