必ず知るべき!医薬品をネット販売する時の注意点

>

まずは販売可能な医薬品について知りましょう

ネットで医薬品を販売できる条件

薬は人体に影響を及ぼすモノなので、簡単に販売することができません。
例えば実店舗だと購入者の見やすいところに店舗名の目印があったり、購入者が簡単に出入りできる構造であったりなど薬機法の基準を常に満たしてるのです。さらには週に30時間以上お店を開店しているのも一つの条件となっています。

そんな医薬品のネット販売の主な条件とは、実在している薬局や店舗販売業の許可を持った販売業者となっています。さらにはネットのみの販売はNGとなっているので、必ず「店舗」として実在している事が条件です。そして医療用医薬品(処方箋)はネット販売出来ませんが、一般用医薬品は販売可能です。
ちなみにネット販売ができる医薬品は、実店舗に陳列や貯蔵している商品ではないと販売できないので、気をつけましょう。

販売サイトと情報提供、販売のためのルール

上記のルールをクリアした上で次のルールも確認しておくようにしましょう。

トップページにて店舗の名称を表示したり、実店舗の写真を掲載、勤務中の薬剤師か登録販売者の氏名などは見えるところに掲載しておきます。また許可証の内容(開設者名、所在地、所管自治体など)や
営業時間外を含めた連絡先なども必ず掲載しておくようにします。

さらに一般用医薬品は正しく使用しないと効き目が出ず、またリスクが高まるため、適切な情報提供と販売がされるように以下のルールも定められています。

その購入者が情報提供内容を理解したり、再度質問がないかを確認しておくように。
またかぜ薬といった乱用のおそれのある医薬品は販売個数を制限したり、使用期限を表示することで、使用期限切れの医薬品の販売することを禁止するようにします。


この記事をシェアする