必ず知るべき!医薬品をネット販売する時の注意点

>

医薬品のネット販売のメリットとデメリット

医薬品のネット販売のメリット

一番のメリットと言えば、「いつでもどこでも買えること」だと思います。最近では必要なものをネットで簡単に購入できるが多いことから、実店舗より期待できることが判明しています。そのため仕事が忙しくてドラッグストアの営業時間内に買いに行けない人や、近所に薬局がなくて困っている人たちにとっては、ネットでの販売は助かるものなのです。また実店舗より価格が安いためか、その魅力に惹かれて利用する人も多いのだとか。

さらに他人の目が気になる薬が買いやすいのもメリットの一つです。例えば水虫の薬やデリケートゾーンの薬、座薬などを購入する場合は、他人の目が気になるものなので、買いづらい薬を購入しやすいのもネット販売の良いところだと思います。

医薬品のネット販売のデメリット

特に心配されていることは、「薬の安全性」です。一般用医薬品でも、年間で250例の副作用被害が報告されています。使用者側に十分な知識がなければ、お店側が情報提供を行っていたとしても、薬の安全性が正しく理解できないことでしょう。
また対面販売であればより症状に合うものをすぐに提案でき安心感を持たせることができますが、ネット販売だと利益が優先され「逆に安全性を軽視されているのでは?」と危惧する人も中にはいます。

さらには犯罪に繋がるリスクもあります。
例えばネット販売にて危険性のある偽薬や個人輸入、脱法ドラッグといった薬は、大きな健康被害を招いたり、さらには犯罪に巻き込まれるケースも在りえますので、使用者はちゃんとした販売店を選びましょう。


この記事をシェアする